• TIME

Alpha

更新日:9月7日



Firo & Toshiyuki Yasuda & majio: Alpha

[MEGADOLLY MDD1614]


Apple Music

(exclusive)


1. Firo: Alpha 1 (Repeat and Sync With Alpha 2)

(Composed, Mixed by Firo)


2. Toshiyuki Yasuda: Alpha 2 (Repeat and Sync With Alpha 1)

(Composed, Mixed by Toshiyuki Yasuda)


3. Firo & Toshiyuki Yasuda: Alpha (Mixed)

(Composed by Firo & Toshiyuki Yasuda, Mixed by Toshiyuki Yasuda)


majio: Digital Booklet - Alpha


Mastered by Toshiyuki Yasuda

Originally produced for "渋響 pH:7.0 Cocoon System"

Thanks: 涼音堂茶舗、渋響、臨仙閣、渋温泉CHILL SPACE、金沢健二、溝口麻玲


Alpha

「2つのデバイスで再生/ミックスして1曲にする環境音楽」

Firoと安田寿之、それぞれのトラック「Alpha 1」「Alpha 2」を別々のデバイス(MacとiPhone、iPhone2台など)でループ再生し合わせることで初めて1曲になる、という試みが今回の音源のコンセプトです。どこから再生してもうまく溶け込むように作曲されていると同時に、違う長さの2曲を適当な箇所から再生すると常に新しいミックスとして聴こえる仕組みになっています。部屋でじっくり聴くもよし、森の鳥や草原の風や町の雑踏と合わせて聴くもよし、DJが2台のプレイヤーで再生するもよし。自由に再生ボタンを押してお楽しみください。Track 3には、ミックスヴァージョンも収録。普段通り、1台のデバイスでお楽しみいただくこともできます。


今回の収録曲は元々、電子音楽レーベル「涼音堂茶舗」が長野県渋温泉で主催した温泉チルアウトイベント「渋響 pH:7.0」(2015年4月)に出現した、映像×リラクゼーションマッサージ×音楽によるスペシャルセッション「Cocoon System」のために作曲されました。会場の臨仙閣・最上階の一室でmajioプロデュースの元、majioによるCocoon(繭)のような空間と映像演出、CHILL SPACEのセラピストによるボディトリート、Firoと安田寿之によるサラウンド音楽(音階だけを決め混合性を想定しながらそれぞれ自由に作曲した2トラックずつ計4曲を、4つのスピーカーで音像移動するようにプログラム再生)が統合されました。複合要素による体感型リラクゼーションインスタレーションは、昭和9年築で有形登録文化財にも認定された会場を含め、そこでしか得られない体験として高い評価を受けました。


その音楽を発展させ、更に、majioが今作のために制作したアートワークを加え、新しい音楽の公表方法、また聴き方の提案としてデジタル化したのが、この「Alpha」です。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示