top of page
  • 執筆者の写真TIME

Toshiyuki Yasuda: Bate Papo - Single

更新日:5月13日



Toshiyuki Yasuda: Bate Papo - Single



1. Bate Papo



Toshiyuki Yasuda (Composed, Piano, Synth, Mix, Mastering, Art Direction)

Masaharu Iida (Double Bass)

Noriko Yamamoto (Guitar)

Yukie Murakami (Photos, Designed)

Kati (Model)

© The Institute of Music and Environment LLC


安田寿之7thアルバム(2024年夏頃完成予定)より、先行シングル5曲を2024年3月より順次デジタルリリースして参ります。コンセプチュアルからノンコンセプチュアルに、エレクトロニックからアコースティックに移行してきた安田寿之作品の極みの、非常にシンプルな楽器構成の楽曲集。スタンダードのような美しい作曲を、フェルトピアノ、コントラバス、歌、少しのシンセだけで演奏する、ジャズ的な落ち着いたオーセンティック作品。4人のフィーチャリング歌手は全員日本人の女性アーティストで、説得力のある母国語で作詞、女性の力を感じる作品を目指しています。


リリース4曲目「Bate Papo」は、4人の女性歌手による歌曲に混じり、安田寿之独特の道化と瀟洒でバランスを取るインストのジャズ・サンバ。安田のエレクトリック・ピアノ、飯田雅春によるコントラバス、山本のりこによるギターは、機知に富んだ会話をしているかのよう。


5 advance singles from Toshiyuki Yasuda's 7th album will be released in sequence from March 2024. This is an album with a very simple instrumentation, representing the peak of Toshiyuki Yasuda's music, which has transitioned from conceptual to non-conceptual and from electronic to acoustic. The album is jazz-like authenticity, which have beautiful compositions like a standard, performed only with just felt piano, double bass, singing, and slight synths. All 4 featured singers are Japanese female artists, and the lyrics are convincingly written in their native language and aim to convey the power of women.


The 4th release "Bate Papo," is an instrumental jazz samba that balances Toshiyuki Yasuda's unique clowning and grace with songs by 4 female singers. Yasuda's electric piano, Masaharu Iida's double bass and Noriko Yamamoto's guitar sound as if they were having a witty conversation.

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

tobiuo studio: あたらしい日

安田寿之がシンセなどで参加しました。 tobiuo studio (青木慶則) feat. AATA: あたらしい日 [Flyyinn] Apple Music, Spotify, Amazon Music ... シンガーソングライターの青木慶則が、このたび新プロジェクト「tobiuo studio」をスタートさせた。スタジオワークを中心に据え、自由自在な形態で作品を発表していく。1st Sin

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page